東亜道路工業株式会社名古屋支店事例紹介

  道路建設事業を中心に展開する、東亜道路工業株式会名古屋支店は事業所所在地の名古屋市緑区において実施される、なごや市民総ぐるみ防災訓練に毎年参加し、自社の防災力向上や、地域と連携した防災対策の協力推進に取組んでおります。
  この訓練は、名古屋市が毎年全区で実施をしているもので、訓練会場では地震災害を想定し、参加住民や防災関係機関、事業所と市が協力連携する、総合的かつ実践的な内容です。弊社にとっては、訓練運営の協力および、参加住民の方々と一緒に訓練に参加し、災害時にどのように行動すれば良いか、地域との連携をどのように薦めるべきかなど、実際に行動し考える良い機会となっております。
  今年は9月1日(日)正午から名古屋市緑区の熊ノ前小学校を会場に訓練を実施し、地震発生時推奨行動として、参加者全員でシェイクアウトを行いました。

 

シェイクアウト訓練

「姿勢を低く、頭をまもり、じっとする」身を守る為の3つの行動のやり方を周知したことで、訓練時には参加者一丸となって取組む様子を写真におさめる事ができました。(写真参照)東亜道路工業株式会社は、これからも日頃の地域の皆様とのコミュニケーションを大切にし、災害発生時などの協力連携体制を構築してまいります。

 

(記事:東亜道路工業株式会社)
ホームページ(http://www.toadoro.co.jp/)